計算方法なび

計算方法なび♪では年金受給者に役立つ計算方法をイラスト図解付きで初心者向きに解説しております。

◆年金受給者に必要な計算方法ってどんなもの?

 年金の計算方法ってどうなってるのかしら?

 自分たちが年金をもらう頃には実際どれくらいもらえるのか?ってよくわからないのよね…

 その割りに支払う年金額はどんどんあがっているみたいだし。

 そもそも年金はちゃんともらえるのかしら?

 この問題は結構主婦の間でも話題になるわね。

◆年金需給問題は山済み

 年金の不安問題は日本国家において、とても大きな問題となっておるのは事実じゃろう。

 政府の説明不足の問題もあるが、そもそも年金制度事態がどんどん変化し、非常に複雑な構成になってしまっておる事も、わかりにくい要因のひとつじゃ。

 実際には、将来の年金形態がどのような制度となるかは誰にもわからないのかもしれんのお。

 ひとつだけはっきりしていることと言えば、年金を支払うために毎年多額の国債を発行している点じゃろう。

 年金という名目で政府は公開していないが、既に誰もが気づき始めている情けない日本の現実じゃ。

 また勘違いしてはいけないのは、今支払っている年金額は「今の年金受給者」を支えるために支払う資金であるという点じゃ。

 自分が支払ってきた年金額が積み立てられておるなんて思っておったらいかん。

 やがて自分たちが受給される側の世代になれば、その世代の若者の年金額が受給額となる。

 数十年後、もし国債発行額が膨大し、年金制度を中止し借金の返済に充てる!と方向転換したならば、今まで収めてきた額など関係なしにそれまでとなる。誰も反論ができん状態まで理屈が並べ立てられあっさり施行されるじゃろう。

 また数年前のギリシャのように国家の破綻という道を選択した場合も同様じゃ。

 尚、年金問題の重要なポイントをひとつ上げるとすると年金制度は国が年金資産を運用する制度という点じゃ。

 そして国家が提示している年金受給額の見込額は、残念ながら実際の年金運用額よりも高く運用した場合の想定話となっておる点じゃのお。

 政府はこの理想ラインで運営できた場合の年金額を提示し、国民はこの額を信じておるのがシンプルな日本の現状じゃ。

◆年金受給者に役立つ計算方法一覧

◆年金控除の計算方法
 年金には国民年金、厚生年金、共済年金などの年金がありますが、これらの年金には全て所得税と住民税が課税されます。しかし、これらの年金課税の計算の際には、年金控除制度の年金控除額が差し引かれた分の…続きを見る

◆給与収入がある場合の年金受給額の計算方法
 すでに年金の需給を受けているが、年金とは別に給与所得がある場合には、年金の需給と給与収入を合算して所得扱いとし、総合課税にて…続きを見る