計算方法なび

計算方法なび♪では年金控除の計算方法がどのように算出されているのか?について初心者向きにイラストや図を用いてわかりやすく解説しております。

◆年金控除の計算方法なび♪(もくじ)

◆年金控除とは?

 年金には国民年金、厚生年金、共済年金などの年金がありますが、これらの年金には全て所得税と住民税が課税されます。

 しかし、これらの年金課税の計算の際には、年金控除制度の年金控除額が差し引かれた分の所得に対して課税されます。

◆年金控除について

 お勤めも終わりようやく年金がもらえるようになっても、国民である以上納税義務がなくなる事はない。

 政府は、老後の年金にもしっかりと税金を徴収できる仕組みをつくっておるのじゃよ。

 年金所得は、税法上の扱いとして雑所得という名目として扱われることになる。

 この雑所得は通常経費を換算するが、年金に関しては、経費の変わりに税金控除が設けられておる。

 じゃから収入が一定以下の場合は、無税となるケースもあるので確認が必要じゃ。

 また、年金の控除は年齢によっても変化してくるぞ。

◆65歳未満の年金控除額一覧表

 65歳未満の人が年金を受け取る際の控除額は以下のとおりじゃ。

65歳未満の年金控除額一覧表

◆65歳以上の年金控除額一覧表

 こちらは65歳以上の人が年金を受け取る際の控除額じゃ。

 収入の対象額自体も変化してくる点が注意じゃのお。

65歳以上の年金控除額一覧表