計算方法なび

計算方法なび♪では離婚の財産分与の計算方法がどのように算出されているのか?について初心者向きにイラストや図を用いてわかりやすく解説しております。

◆離婚の財産分与の計算方法なび♪(もくじ)

◆離婚時の財産分与とは?

 離婚時の財産分与について注意するポイントは、財産分与時に税金が課税される点です。

 また請求する側、請求される側によって財産分与時の税金が異なってきます。

◆離婚時の財産分与の法的な見解について

 法律上では財産とは、共有の持ち物として築きあげたもの。

 として扱われるようになっておる。

 離婚の際は、この基本的な概念が重要なポイントとなるのじゃ。

 通常の財産と呼ばれるものは、その大半が夫側の名義になっておるのお。

 人生最大の出費と言われる住宅に関しても、その名義は夫名義であることが多いものじゃ。

 仮に夫婦共同名義にしようとしても、妻に収入がない場合は、同等の持分を保有することもできんからのお。

 このような一般常識から、離婚時の財産分与に関しては夫側のみに税金がかかるような仕組みになっておる。

◆離婚時の財産分与の課税の仕組み

 離婚時の財産分与に関しては、夫側と妻側で状況が異なる点がポイントじゃ。

離婚時の財産分与の税金の図

◆離婚時の注意点

 離婚時の財産分与に関しては、正式に離婚が法的に認められた状況下でしか認められません。

 仮に手続き完了前に財産分与手続きを行った場合は、贈与としてみなされ妻の側にも贈与税の納税義務が生じます。

 また、偽装離婚が発覚した場合は、財産全てに贈与税が課せられます。