計算方法なび

計算方法なび♪では生命保険料控除の計算方法がどのように算出されているのか?について初心者向きにイラストや図を用いてわかりやすく解説しております。

◆生命保険料控除の計算方法なび♪(もくじ)

◆生命保険料控除とは?

 生命保険料控除とは、保険の補償内容の受取人が、納税者本人か納税者本人の配偶者、もしくは納税者の親族となっている場合に、生命保険料や共済などの掛け金の一定額を控除できる制度の事です。

生命保険料控除額の計算方式

 生命保険料の控除額の計算方式は以下のようになっております。

 所得税と住民税(地方税)では控除対象となる保険料金が異なります。

生命保険料控除額の一覧表

◆保険料金によって控除額が異なる

 生命保険料控除額の計算では、前項の生命保険料控除額の表を見てもわかるとおり、生命保険の保険料によって控除額が変更となる点がポイントじゃ。

 また所得税と住民税それぞれで控除計算が異なるため、慣れるまでは若干控除額の算出が難しいかもしれんのぉ。

 尚、控除計算では保険料金を証明する書類が必要となる。

 通常は郵送じゃが保険会社の担当に時期や申告についても確認しておくことが大切じゃな。

◆生命保険料控除の条件について

 生命保険料控除額は下記、生命保険料控除額の計算方法参照の通り、
 ■所得税なら最大で5万円
 ■住民税であれば最高で35000円
 の控除適用となる。

 これらの控除は、個人年金保険料、生命保険料それぞれに適用が出来る点がチェックポイントじゃ。

 もし両方を負担している場合は、所得税で最大10万円の控除が適用される計算となる。

 生命保険に加入すと、確定申告時期の前に
 ■保険料控除に関する書類
 が加入している生命保険会社から郵送で送られてくるのでしっかり保管しておく事も大切じゃ。